2016年振り返り

もう2017年だけど、2016年の振り返り。
このくらいしかBlog更新するネタがない

お仕事

  • 自分が6年前から開発/企画で携わるプロダクトが、大きな収益を上げ、成長を続けているのは充実感がある
  • 中でも自分が企画して強く推し進めたシステムが軌道に乗り、1事業の収益の柱となったことは、広告エンジニアとしての自信にも繋がった
  • 自分が何が得意で何が不得意かをはっきりと分かるようになった(気がする)

アラフォーでエンジニア歴も社歴も現在関わっているプロダクト歴も長いため、大抵のことはイレギュラー対応も含め問題なくこなせてしまうのだけど、部門長なので仕事の幅が広いこともあり、たまに自分の能力が低い事柄を再認識してしまう。いろいろあるけど、具体的には資料作りとか。パワポとか大嫌い。

プライベート

プライベートはあんまり印象に残らない1年だったかもしれない。これはいかん。今年はちゃんと目標をたてて生きよう。

2016年俺的Bestゲーム

1位 Fallout4
2015年11月末発売だけど、2016年最も長時間遊んだゲーム。サブ要素含め中毒性が高く、何したのか分からないまま何時間も経ってたりして時間泥棒。

2位 ダークソウル3
とてもスリリングで高難易度だけど、失敗を繰り返しつつ着実に進んでいけるのが人生みたいなゲーム。なぜか世界で自分だけ孤立してるような不思議な感覚になる。でも実はまだクリアしていない。2もそうだったけど、いったん長期間中断してしまうと再開するのに勢いがいる。

3位 WinningPost8 2016
殆ど見守るだけのゲーム。メジャーバージョンは全作プレイしてるけど、毎作少しづつ進化してるゲーム。8からは馬だけじゃなくて競走馬牧場(馬主)一族として子孫繁栄させる要素も加わり、このゲームの楽しい要素を感じるためには、やたら時間がかかるゲームに仕上がっている(ゲーム中で100年以上経たないと馬の系統も一族の系統もそれなりにならない。子供が騎手などでデビューするまでに20年近くかかり、その子が結婚して子供を産み成人するまでに更に数十年かかる)

2016年俺的Best映画

1位 バットマンvsスーパーマン
2位 シンゴジラ
どちらも何が楽しいとか説明いらない。エンターテイメントとして面白い。楽しめた。

About irako

広告系Webエンジニア 最近はluaがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です