2014年振り返り

プライベート

  • 初子が産まれる。
  • 子供を撮るために一眼カメラを始める。
  • 子供が産まれて嬉しくてはしゃぎすぎて暴飲暴食してしまったのか、痛風になる。軽度だったこともあり、反省してビールや肉食を減らし、投薬無しで尿酸値を下げると誓う。
  • 自分の部屋を作る。
    家は5部屋あるのに、これまで自分だけの部屋が無かった。自分の部屋を作ってからは一人で映画鑑賞、PC、ゲーム、読書、居眠りと、リラックス出来る環境をゲット。

仕事(部長として)

  • 現状の技術開発部、及び各チームや個人の弱い部分を分析し、それを補い、成長させるような具体的な施策をいくつも実施し、良い効果を上げることが出来た。
    前年に関しては、あまり独善的な施策を実施/指示することに抵抗があり、それほど指導的な上司ではなかったと思うので、自分的には大きな進歩。
  • 少数のエンジニアでAdStir/Bypassという大きなサービスを開発・運用する体制を考え、整えることが出来た。コアメンバーの退職もあったが、問題なく、変わらず業務を遂行させることが出来た。
  • 2015年はもっとコアなメンバーを増やすことが課題

仕事(エンジニア個人として)

  • (着手は2013年からだが)新DSPの入札/配信部分をほぼ一人で作り上げ、徐々に増えるリクエスト(秒間何万req)を捌くために試行錯誤したのは、WEBエンジニアとしても、広告エンジニアとしても成長出来た1年だった。
  • 2014年後半は、その新DSPの入札ロジックを自らのアイデアで大きく改善し、収益を上げることが出来た。
  • 巨大化するAdStir/Bypassのインフラを安定的に構築/運用することが出来た。
  • とはいえ、マネージメントやPM/PL業務、インフラ系業務が多いため、コーディング量は減っている。WEBに生きる1プログラマとしては少々焦りを感じてたりする。

About irako

広告系Webエンジニア 最近はluaがお気に入り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です